<< <タカラヅカ A GO GO>第十二幕 エリザベート雑感 | main | 新刊でました。 >>
2005.04.27 Wednesday

時間通りということ

0
    JRの事故について、TVだと辛いのであまり見ていないのですが、それでも犠牲者の数が増えていくのを聞くたびになんとも言えない気持ちになります。すでに専門家が原因についていろいろ解説などはじめているようですが、それとは別に、この事故をきっかけに個人的に考えてしまったことなど。


    実はこれまで、電車の運転というのは結構自動化されたりしているんじゃないかと漠然と思い込んでいました。「電車でGO!」とかのゲームができてきて、どうやら駅の決まったスペースに停車するのも運転手の技術らしいな、ということをぼんやり意識したくらいで、なにしろいまや運転手なしで自動運転の交通機関なんていうのもできているんだから、車なんかのようになにもかも運転手まかせってことはないんじゃないかしらと。

    でも今回、数分の遅れをとりもどすためにスピードをあげたのではないか、などの記述を目にするようになり、改めて運転手の技量であのすごいタイムテーブルを守っていたのかと思ったら、これまで「時間通りであたりまえ」と思っていたいろいろなもののすごさをあらためて感じることになりました。
    確かに、外国なんかにいくと、日本の電車の正確さが奇跡に思える、みたいな話をよくきくし、実際自分もそう思うことが多かったのですが、それは結構電車の構造とか、そういうものの技術によるものかと勝手に思っていたようで。そうじゃなくて、むしろそれは運転手の質であったり、「時間を守る」ことのプライオリティの高さであったり、要求の高さであったり、そのへんの問題だったのか!と思ったら、なんというか、すごい世界に生きとるな、私ら、と思ったのでした。

    最近よく話にのぼっていたのですが、これまでは約束の場所にいくのに、大体ここまで何分かかるから、余裕をみて何時に家をでて・・・と思っていたのが、ネットなどで簡単に路線情報が調べられるようになったので、本当にピッタリに間に合う時間に家を出ればよくなって、それはすごくラクで便利なんだけれども、あまりにそれに慣れてしまって、ちょっと予想外のこと(たとえばいつもより信号のタイミングが悪いとか、その程度のことでも)があるとその電車を逃してしまい、そうなると確実に遅れてしまう・・・と。これまでは、「自分の予測できること」と「できないこと」では「できないこと」の比重が結構高かったのに、今では「もし何かあったときのために早めに出よう」という余裕の部分が、どんどん削れてきちゃっていると。そうなってくると、自分は電車に間に合ったのに、その電車が5分遅れでもすれば、遅刻してしまうわけで、「それを想定できなかった自分」への反省よりも「遅れた電車への怒り」が出がちになってきちゃったりしてないかと。

    そういえば子供の頃、時間ギリギリにバス停にいったのに、すでにバスが出てしまっていて、結局遅刻してしまったとき、「私は時間通りに行った(=悪くない)のにバスが…」という言い訳を母にしたらば、「バスなんて時間通りに来なくて当たり前でしょ。それなのにギリギリになった自分が悪いんでしょう!」と怒られたことがありましたが、電車だって飛行機だって、人間が運転していて、人間が乗っている以上「時間通りでなくても当たり前」という感覚でいるべきなんだよな。忘れてたよな。と思いました。渋滞がなくても病人がでたり、駆け込み乗車があったり(やったことがないなんていえない)、機械の故障があったり、する可能性は常にあると。

    などと考え出すと、今度は「イラストの入稿なんかもそうだよなー」と思い始めたりして。これまでは、といっても私はデビューがそんな昔ではないので、最初からデータ入稿だったんですが、でもはじめのうちはブロードバンド環境なんてそんなになかったから、MOに入れて持参か、郵送していたわけです。それがあれよあれよという間にメールの添付や、サーバにアップロード、あとは宅ふぁいる便とか使えるようになって、ホント時間ギリギリに仕上げても届けられるようになった。
    なったら、やっぱりギリギリにしか仕上げない自分がいるんですよ。で、うっかりサーバー不調とかPCトラブルがあると、あっという間に困った事態になってしまう。これも「メールやパソコンは壊れない」と勝手に思い込んで過信しているためで、そうなるともう「自分が間に合わなかった」んではなくて「パソコンが不調であるから」という言い訳をしたくなっちゃうんですよ。(といっても、編集さんに「でも間に合わせてくれないと困るんですよね」とアッサリ言われちゃったりすることもあるので、あまりいいわけにならないんだが・・・)

    で結局何がいいたいかというと、そもそもどんな技術の後ろにも、それを使う人間とか、それがおかれる環境といった、「常に一定ではない条件」がある以上、「完璧なもの」はない、なぜなら人間は間違うことがあるし、世の中には「不測の事態」が常に起こり得るから。という大前提を、私らはどんどん忘れていろんな物事をすすめがちになってやせんかい、ということを考えたということです。そして、うっかりと「人間は間違うことがある」ことさえ忘れて、他人や自分に厳しくなりすぎてもいないかい、と。自分に厳しい、というのは失敗をしないようにキリキリ努力することだけではなく、むしろ「自分は失敗する可能性がある」ことを素直に認めた上で、そうなったときの対処をできるような力を身につけることだし、他人を教育する、というのも、「失敗をゆるさない」指導ではなく、「失敗したときの適切な対応」を冷静にできるような力をつけさせることなんじゃないかいと。

    いくらでも失敗しろ、とワイルドなお父さんみたいなことをいえるほど私は器がでかくないのですが、といって社会というものが失敗をどんどんゆるさなくなってくると、失敗を予測したり、気づいた人間が、それを周囲に言うことを怖がって、隠蔽してしまったり、その失敗をなかったことにすべく無茶をしてしまう恐れもあって、それがもっとも恐るべきことなんじゃないか、そういう社会は結果的に自分たちの首をしめることになったりしないか、そんなことを思います。

    最終的に、今回の事故が何によって起きたのかはきっと完全に解明されることはないかもしれませんが、もし「1分の遅れ」に対するプレッシャーがそのなかの一つにあったとしたら、その代償はあまりにも大きすぎたし、またその「遅れ」をあってはならないものと普段考えていた自分も、「被害者になる可能性があった」ことだけでなく、「原因ともからんでいる」ということもあわせ、無関係ではないような気がしてしまうことです。なんにしても辛い事故です。
    コメント
    > 「失敗したときの適切な対応」を冷静にできるような力をつけさせること

    これと同時に「成功した時の楽しさ」とかが
    伝えられると、ストレスはもっと減るのに、
    と個人的には思いました。

    • TETSU
    • 2005.04.28 Thursday 04:02
    >TETSUさん
    そうですね、やっぱり電車の時間でも
    「間に合って当たり前」じゃなくて
    「時間に正確ってありがたいなあ」という
    雰囲気があればもっとなんつうか、
    ギスギスしないですみますよね。
    見知らぬ人どうしでも「ありがとう」とか
    いいやすい空気があるといいよなあ。
    と思います。

    文脈では「厳しい(教育)とは、実はこういう
    ことなんじゃないのか」を言いたかったので、
    プラスの面をほめる、というのは
    書いていませんが、教育することにおいては
    叱る以上に誉めることが大事と信じてます。
    誉めどころ、についてもいろいろ
    思うところがありますが。

    • 白ふくろう
    • 2005.04.28 Thursday 04:30
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    46296 on twitter
    しろぐるめ
    facebookpage
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • OTONA SALONE でアラフォー婚活のマンガ連載がはじまりました
      40 (11/18)
    • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
      yukky (03/02)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      丸大豆 (05/21)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      ぴーこ (04/18)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      白ふくろう舎 (10/19)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      ヨーコ (10/16)
    • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
      のぶ (02/11)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      白ふくろう (07/07)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM