<< どうでもいいのに | main | 砂の器 デジタルリマスター版 >>
2005.06.05 Sunday

■時代劇アワー■ その5 オペレッタ「狸御殿」だよ

0
    これ、時代劇アワーにしていいのか考えちゃいますが、まあいいや。オペレッタ「狸御殿」を観て来ましたよ。あー、オペレッタ時代劇なんて「鴛鴦歌合戦」を観にいって以来だねえ、ってそれもどうなんだ(いろんな意味で)と思いますが、きっとそういうものを観にいく星の下に生まれたんでしょう(どんな星)。


    以下おそらくネタバレありなのでこれから観るよ!ってかたはご注意を。といってもあんまりもう日数残ってないですが。


    で、これ監督は鈴木清順て名前くらい知ってないと恥ずかしいような方、らしいんですけど知りませんでしたすいません。ほんと芸術とか芸能とか弱いんですよ。もちろん「狸御殿」シリーズについてもわかりません。そういう素人さんの感想なので、いろいろ無責任なこととかかなり的外れっぽいことをいいますけどあたたかく成長を見守る心でひとつ。ってなに先に言い訳してんだ。

    ええと、何しろオペレッタですから、私にはかなりストライクゾーンです。オープニングの音楽とムービーを観るだけで、ヅカファンなら多分嬉しくて笑いがとまりません。こういうのをわざわざ映画でやってくれるってだけで嬉しいってもんです。が、「鴛鴦歌合戦」のようにリクツなしに楽しませてくれるっていうのとはちょっと、何か違う。ストーリーがわかりにくいってことではないんです(だってものすごい定番ぽい話だし)。どう表現していいのか悩みますが、なにかこう身体中の間接のネジを全部狸にはずされて持っていかれたような、映画そのものが狸に化かされたような、でもすごいサービス満点の贅沢な娯楽をみせてもらったような、いやむしろ全部が悪い冗談みたいな。気がつけば観客置いて行かれがちな。・・・ってわからんでしょ?私もよくわからんのですよ。

    ただ、ひとつ膝をうちたくなるようにわかったことが。なにしろこれを見るまで、「なんでこの美しい若衆の役がオダギリジョーなんだ。すごいビミョーな配役だ!」と思ったんですが、・・・(いやファンの人怒らんでくださいよ。美しくないってことじゃないですよ。でも正直意外じゃないですか?)・・・思ったんですが、映画を観た今ではこの役はなるほど彼以外に考え付きません。

    というのも、この物語の中の、オダギリジョー扮する雨千代は「美しくて高貴の血筋で可哀相な境遇」の、日本昔話のなかの「王子様」(若君というべきでしょうが映画中で「王子様」って言葉がでてくるくらいだからまあいいや)であって、こういう日本昔話型美少年はひたすら運命に翻弄されて苦悩してみたりするんだけど、なんというか受身で流されがちで、しかしそれゆえに儚く美しい。そういう、決して能動的でない、自分で運命を切り開いていかない、ありていにいえば昔っから私なんか「どーも若様には感情移入できねえぜ!」と思ってたような、そういう位置づけの人。そしてこれを今演じられるのが、まさにオダギリジョーその人だったのです!運命に翻弄され、なすすべもなく気絶したり悄然としたりギリギリと袖を噛んで苦悩したり、そんな彼は見事に古典的美少年の面差しをみせて大層美しくスクリーンに映えるのでした。やる気はある、多分あるんだけど非力ゆえに、ピンチは結局全部誰かに手助けされている雨千代君。ひたすら清らかで優しく、魔性のものになってなお、哀れをさそう。したたかで感情豊かで、行動力もあり奔放な、生き生きとした魅力の狸姫とは対照的です。だからこそ惹かれあうんじゃね。うむうむ。

    tanu1.jpg
    そのほか個人的みどころ・おすすめポイントとしては、まずなんといっても音楽。思わずサントラを買っちゃって今聴きながら書いてるんですけどね。「恋する炭酸水」は名曲やね。これはもうどっかの清涼飲料水のCMにするといいよ。ていうかそのつもりで作ったとしか思えないくらいソーダ水とか飲みたくなるよ。カラオケに入ったら歌うよ(またそれか)。その他、どの劇中曲も聴くだけで白さんの心を鷲づかみです。また歌える役者さんを揃えているので、聴き応えたっぷり。「びるぜん婆々のマイウェイ」ではもう立ち上がって拳つきあげてヒューヒューいいたくなった・・・けど劇場内はそういう雰囲気じゃないのでやりませんでした。なんか、この映画はマサラ映画を観るインドの人みたく騒ぎながら観たかったよ。あと「うっかり八兵衛歌謡ショー」などでもおなじみ(おなじみ!?)高橋元太郎もロックのビートにのって聴かせます。薬師丸ひろ子、歌えるし狸顔ってことでの配役だと思いますが、台詞のときとはうって変わった透明感ある歌声も心地よいです。そして、美空ひばりまでデジタル出演して歌いますから。もうねえ、どうしましょうですよ。ていうかもう全部コメントしたいけどしょうがないんで割愛。

    映像もいいです。衣装もいいです。どういいかっていうのは、もうちょっとめんどうになってきたんではしょります。

    tanu.jpg
    で、じゃあもう文句なくよさげじゃん!となりそうなのですが、なんかこうそうじゃないんだよなー。このモニョモニョした感じを誰か説明してくれや。私は観ていてなんか疲れちゃったんですけど、その理由を考えたところひとつには場面転換のリズムにあるんじゃないかと。曲は見事に西洋のリズムでキッチリ進むのですが、台詞であったり画面の切り替えのテンポがそこにのってくれない。そちらの進行は日本の「いよぉーーーおっ、……ポン!」的な、規則にはまらない「タメ」みたいな、ワンテンポずれるというかどういうテンポでずれるかわからないというか、なので、どっちにノリをもってきゃいいのか、っていう感じなのかも。その他、わざと説明を省略したり表現を難解にしたりしてるところもあるのかなと思うし、まあそういうのをひもといていくのも楽しみではありそうで、そういった意味でも多分これは「メジャー娯楽作品」ではなく「カルト」とか「怪作」っていわれるようなものなのかもなあ。でもなんか理屈とか解釈でどうこうする映画って感じもしないけどなあ。

    あそれから、映画中では「?」と思っていたんだけど帰りに自転車こぎながらわかったのが嬉しいのでひとつ、城が燃えて墜落?したときに子供たちを閉じ込めたドームは、最後に駝鳥道士が煮られるあの鍋であったのですな。(ていうかそれってつまりびるぜん婆々のあの鍋か)こうして魔性の一族の最後の一人も(あのキャラクターのおかげで悪者の手下ってことを忘れちゃいそうだったけど)報いをうけておしまいと。ていうかあの鍋のシーンの後ろむいてるお百姓の後ろ姿が怖かったな。(ていうかあの嫁さんてもしかタ、・・・、)あと人間燭台も怖かったな。あのへんは子供の頃に見てたら残っちゃうな。・・・・・・いや、なんかこう、そのあたりも昔話らしく、一枚めくったらなにやら恐ろしい物語がみえてしまいそうなんだけど、それは私の仕事じゃないやという気がしますんで今回はこんなところで。

    いろいろ多分ウソつきましたが、狸にダマされたつもりでゆるしてやってくださいましな。ポン!


    コメント
    実は先日 新聞広告にて
    「狸御殿?なんじゃいソレは?」
    と思ったものですが
    オダギリジョー主演と云うのを観て 少々納得

    なるほど 馬鹿されたくなりました
    今の技術じゃ 千秋楽は 劇場がなくなり
    お金が 葉っぱに......なんてこと 出来そうですが
    詐欺罪でつかまるから やらないのでしょうな

    ところで
    だいじょうぶか?高橋元太郎 そんなに頑張って?

    • refs
    • 2005.06.06 Monday 11:49
    >refsさん
    >今の技術じゃ 千秋楽は 劇場がなくなり
    お金が 葉っぱに......なんてこと 出来そうですが

    ああ、そういうしかけとかあったら
    面白いですねえ〜。
    ちなみに、高橋元太郎氏は
    全く年齢を感じさせない若々しい歌声で
    熱唱されてましたよ。多分大丈夫だと(笑。

    • 白ふくろう
    • 2005.06.06 Monday 23:15
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    「オペレッタ狸御殿」私的に楽しむ
    鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」観ました。
    すごく楽しい気持ちで劇場を出ることが出来ました。
    監督に感謝。
     
    清順監督の作品は、小難しくて、敷居が高...

    • わたしの見た(モノ)
    • 2005/06/05 4:37 PM
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    46296 on twitter
    しろぐるめ
    facebookpage
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
      yukky (03/02)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      丸大豆 (05/21)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      ぴーこ (04/18)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      白ふくろう舎 (10/19)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      ヨーコ (10/16)
    • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
      のぶ (02/11)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      白ふくろう (07/07)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      あるふぁ (07/06)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM