<< 池袋でエスニック料理を | main | Tシャツ販売中です >>
2006.08.07 Monday

父と暮らせば

0
    父と暮らせば(オフィシャルサイト)この映画を観たのは昨年ですが、書きそびれていましたので今日のエントリーに。
    井上ひさし原作の舞台劇ということで、登場人物も映像も非常に切り詰められていますが台詞と演技にぐいぐいひきこまれます。(以下微妙ーにネタバレかもしれないので観ようかな、という人はちょっと気をつけてください)

    原爆投下後の広島で、生き残った娘のところに死んだ父がやってきた。その理由は…ということなんですが、「生き残ったものが死者を悼む」という構図をひっくりかえして「死者が生き残ったものを見守り励ます」という設定そのものが、人間の生の尊さみたいなものを十分伝えていて、愛のある話だなあと思います。題材が題材だけに終始重く、暗くなるかと思いきやそこは井上ひさしというのか、あたたかいユーモアにもあふれていて、とても美しい映画です。

    一時期ちょっとヤセすぎて心配だった宮沢りえも、この役柄に合っていて、辛い経験をしてもなおかつ生きる若さというか、しなやかさみたいなものが感じられてよかったなあ。なにしろきれいだし。父親役の原田芳雄との会話が全編のほとんどを占めていますが、その会話が描き出す世界の広さに圧倒されます。

    どうしても戦争、原爆といったものを題材にした映画を観ると、やりきれない気持ちになって厭世的になったりしがちなんですが、この作品は生きる希望とか、つまりは愛とか、そういうものを説教くさくも薄っぺらくもなく観る側に与えてくれると思います。おすすめです。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    46296 on twitter
    しろぐるめ
    facebookpage
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • OTONA SALONE でアラフォー婚活のマンガ連載がはじまりました
      40 (11/18)
    • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
      yukky (03/02)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      丸大豆 (05/21)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      ぴーこ (04/18)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      白ふくろう舎 (10/19)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      ヨーコ (10/16)
    • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
      のぶ (02/11)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      白ふくろう (07/07)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM