<< 近況:ごはんとか通販とか | main | ああ肝が冷えた、と近況とか >>
2009.06.07 Sunday

「ヘアスプレー」@ウェルシティ東京(東京厚生年金会館)

0
    イラストを描いてから…とか言ってるとタイミングを逃しそうだったので過去描いたものからなんとなく60'sぽいのを貼り付けただけなことをお詫び申し上げます;;

    ブロードウェイミュージカル「ヘアスプレー」来日公演、 お友達に誘っていただき(たまには自力でなんとかしようよ)観て参りました!!
    場所はウェルシティ東京、といわれてもわかりませんが厚生年金会館です。いつの間に改名していたんでしょうか。

    以下、もしかすると微妙にネタバレ&観た人にしかわからない感想になってるかもしれません。すいません。


    えー、まずはとっても楽しい舞台でした。公式サイト(音がでますぜ)であらすじを読んだときは、わかったようなわからないような…という感じだったのですが、観ればすんなりわかりやすく、面白い話でした。ちなみに今回来日公演ということで当然英語の台詞と歌ですが、ちゃんと舞台両脇に電光掲示板で字幕がでるためストーリーの理解には支障がないです(メガネ・コンタクトは必須だね!)

    全編これポジティブという、観ていて大変元気のでてくる話なんですが、舞台が60年代ということで、黒人差別に対するムーヴメントがストーリー根幹に流れていて、主人公も「皆と踊りたい」という気持ちをテレビで表現したために刑務所(しかも彼女だけ”扇動家”として独房へ)にはいっちゃったりするのですが、当の本人が落ち込みはしてもへこたれないことと、両親や周囲もまたポジティブなために、話を追っていても辛くなるようなことにはなりません。

    それだけでなくなによりヒロインがいわゆるおデブちゃん。でも全くそれをコンプレックスにしないで(これはやっぱり親、特にお父さんのキャラクターとかによるんだな、と納得させるつくりもうまいと思う)夢に向かって文字通り突進していく姿にはやっぱり心が浮き立つというものです。

    いやここで、つい私情がはいってしまいますが、自分も子供の頃いわゆる肥満児で、全くおしゃれとかそういうことに背をむけていたという過去があるもんで。

    そんなわけで、ついそこに着目しがちなのはさておき、主人公以外の登場人物もみんなとてもキュート。結構ハッキリと「悪役」とか「俗物」として描かれているキャラクターも、ちゃんと肉厚に描かれているので共感できます。ライバルの子のお母さんが昔の「ミス・ボルチモア蟹」なんていうのもおかしい。ミスあんこ椿とか、ミス押しサバ寿司(そんなのいるんか)みたいなものか。

    歌も踊りもノリよくて、60年代風の衣装もポップでキュート。セットはさすがに本場よりはショボかったようですが、場所も場所だし、そんなに気になりませんでした。歌のなかで個人的に好きだったのは、主人公トレイシーの両親がお互いの魅力を歌うところ(こんな夫婦って理想だよね…どう見ても変わり者だけど)と、黒人DJのお母さんのソロで、若い人たちが失敗に落胆しているときに「私は何度も失敗をみてきたけど、いつか誰かが突破するのを見るために前線にい続ける」みたいなことを歌うところでした(ものすごいうろ覚えですが)。

    最初ヘナチョコだった「学園のアイドル」が、恋にめざめ、ヒロインのパワーにひっぱられるように芯の通った男の子になっていく話も素敵だし、ヒロインの友達の恋も素敵。

    アメリカンドリームと言ってしまうとそれまでですが、結局ポジティブということがいつも人をひきつける理由が体感できるような気がしました。眠りながら楽園を夢見ているわけではなくて、障害や困難があっても自分の道を信じて前に進むにはやっぱりその先に光をみてないと、ということなんだろうなあ。基本的に創作の力はその「光」をどれだけ皆に信じさせるか、にかかっているように思う(表現方法はどうあれ)ので、観てよかったなー、と思える舞台でした。元気だしたい人には得におすすめっす。
    コメント
    ジェリー・ミッチェルが振り付けなんだね。ロッキー・ホラー・ショーみたいに、場面に合わせて観客も一緒にできる振り付けがあったら楽しそうだなあ。
    • あるふぁ
    • 2009.06.07 Sunday 23:58
    >あるふぁさん

    そうそうそう。
    書き忘れてたけど、休憩時間のおわりに
    「キャストによる簡単なダンスレッスン」があって、
    最後のフィナーレで観客も一緒に踊る、っていうサービスがあるのよ。
    まあ客席が狭いのでなんとなくやった「つもり」って感じだけど、やっぱり楽しい。
    おかげでカーテンコールはわりと強制的に終わらせられちゃうけど、満足感が高いかもね。

    しかしそうかー、あれって振り付け師のお家芸(?)なんだねー、あるふぁはいろんなことにくわしいねえ。
    • 白ふくろう
    • 2009.06.08 Monday 00:16
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    46296 on twitter
    しろぐるめ
    facebookpage
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • OTONA SALONE でアラフォー婚活のマンガ連載がはじまりました
      40 (11/18)
    • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
      yukky (03/02)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      丸大豆 (05/21)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      ぴーこ (04/18)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      白ふくろう舎 (10/19)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      ヨーコ (10/16)
    • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
      のぶ (02/11)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      白ふくろう (07/07)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM