<< <TAKARAZUKA A GO GO !>第七幕 あるときは美しく、またあるときは・・・衣装編 | main | <TAKARAZUKA A GO GO !>第九幕・スペクタクルに愛燃える >>
2004.11.10 Wednesday

<TAKARAZUKA A GO GO !>第八幕・やっぱ若衆でしょ。・・・祝・新劇場編

0
    *このテキストは2001年?位に書いたものです。
      第1場   新春口上 

     「・・・皆様。新年あけまして、おめでとうございます(唱和)。白ぐみの『白 ふくろう』です。新しい世紀を、この新しい劇場で迎えることが出来、一層身の引き締まる思いでございます。これも皆様のあたたかいご支援、ご声援の賜物でございます。これからも皆様のご期待に添えますよう、白ぐみ一同益々精進いたしますれば、いついつまでもお引き立て、お導きの程、すみからすみまでずずずいーーーっと、こいねがい、上げ奉りまする〜〜〜」


    ということで、忘れた頃の第八幕です。明けましたね、新世紀。できましたね、新東京宝塚大劇場。というわけで今回はめでたい柿落とし公演を中心にまとめてみましょう、ったってセンセイにそんなプラチナチケットをゲットする気力も財力も体力もないので、BS大明神の力を借りてテレビ中継なんか観てみたりしましょうね。ついでに「口上をいうのは組長でトップじゃないでしょ〜」なんていうツッコミは新年早々縁起でもないのでやめておくように。コホン、えー、そういうわけで今回は静止画像の資料がないからいつにもまして描くのがシンドイぞと。まあいっか。



      第2場   いま、すみれ花咲く・・・はずが。 


    ・・・柿落とし公演のはずがなんでいきなり「月夜歌聲」やねん。ううーむそのツッコミはもっともです。いや、実はセンセイ去年この公演に行けるチャンスがあったのに忙しくってあきらめたのね。ちょっとくやしい+リクエストもあったので描いてしまいました。このポスターでみると一体どんな公演なんだ(どうみても世紀末やで、)と思ったのですがどうも中国モノ、しかも演劇モノだったようですな。個人的にはこの衣装というか飾り具合がとても好みです。この公演について詳しく知りたい方は、公式か他の方のサイトに飛んでくんなまし、おおっとその前にこっちを読んで行け。


      第3場  いまこそほんとにすみれ花咲く 


    それで、柿落とし公演です。演目は「いますみれ花咲く」と「愛のソナタ」の二本だてですな。いやそれにしても今回は「愛のソナタ」のポスターを新宿駅構内でみたときにあまりの少女マンガっぷりに思わずすりよって眺めてしまいました(怪しい)。このポスターと公演については多分気力が尽きるので第9幕にまわすとして(まわすんかい)、とりあえずは「〜すみれ花咲く」から参りましょう。


    今回は祝祭舞、ということで歌劇団の正装、紋付袴(第5幕参照)に身を包んだ生徒たちが歌い、銀橋をわたるという珍しい、というか多分はじめての趣向があります。その分和モノにしては舞台に色味が少ないかと思うのですがこれが結構キレイでした。公演としてはかなり短く、舞いは大きく3場くらいしかないのかな、でも春日野八千代理事(理事に踊らせるか普通・・・)が天界の王とかの役で舞ったり、日舞といえば・・・の松本悠里が踊ったりとなかなか祝祭らしいサービス振りです。


    とはいえやはり描くなら今回はこの人かな〜。天界の皇子役の紫吹淳、リカさんです(なんですよ。そう思って見るように)。センセイ的にはこの人、口は小さいしアゴも小さいし、男役としては上品すぎる顔かいなあと思っていたのですが和モノはまるで雛人形ですね。美しいっす。しかしこのときの衣装のハカマ、なんか紙細工みたいでおもしろかった。


    そして・・・やっぱり新春は若衆でしょ。いやもうこれに限ります。なんてねー、いいながら描いているうちに気力がなくなってしまった。若衆髷って難しい・・・どうなってるのか未だによくわからんのです。いつかちゃんと描こうと思うンだが・・ま、それはそれとして今回センセはこの場面をみながら「なんでアジサイ?ん〜、季節それぞれの花がでてくるのかな・・・」などと思っていた大ボケものです。すみれやっちゅうねん。でも右下図をごらんください。どうみても「アジサイ」だとおもうんですが。こんなのが舞台にどどーんと飾られていて、着物の柄は左図でしょう。ボケたのは一人じゃないとおもうんですけど〜。・・・まあしかし皆で「すみれのはーなー、咲く頃〜」とか「いま〜、すみれ花咲くう〜、」とか歌ってるんだし、さすがにアジサイはないか・・・・とほほ。ところで、このすみれの花篭って結構歴史的ですよね。たしか「パリゼット」公演でもこれとはちがうけど、やっぱりすみれの花篭らしき舞台背景がありました。いや、観たわけじゃありませんよ。写真です、写真。


    ええ、そんなわけで案の定「愛のソナタ」を続ける気力がなくなりました(笑)。でも折角観たんだし(テレビでなι)他にネタもないんで次回、(いつかは不明)第九幕TAKARAZUKA A GO GO「ラブリーマリアンデルちゃんとお茶目な男爵が大暴れ!誰が主役なのか皆で考えてみよう大作戦!のまき乞うご期待ッス!なんだかなあ。・・・・・というわけで第九幕

    につづく。




    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    46296 on twitter
    しろぐるめ
    facebookpage
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • OTONA SALONE でアラフォー婚活のマンガ連載がはじまりました
      40 (11/18)
    • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
      yukky (03/02)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      丸大豆 (05/21)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      ぴーこ (04/18)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      白ふくろう舎 (10/19)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      ヨーコ (10/16)
    • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
      のぶ (02/11)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      白ふくろう (07/07)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM