<< 白ふくろう舎のぬり絵カフェ@cafe Birdbathのお知らせ。 東高円寺で無心にぬりえを! | main | ぬりえカフェ@Cafebirdbath ありがとうございました! >>
2014.01.13 Monday

大原きりえ食堂西荻店に行ったよ

0


    時々イベントをやらせて頂いたり、物販をしている西荻窪の箱貸しギャラリー、「ニヒル牛2」。
    こちらで、切り絵作家のモチメさんが、1年間の大原留学の成果をひっさげて個展をされました。
    そして、「皆にも大原のおいしい食材を味わってほしい!」と1日限定で食堂が開かれることに。
    (この辺の詳細は記事最後のいろんなリンクでね!)

    な、なんですと…

    食いしん坊キャラとしては何としても参加せねばなりません。
    お世話になっているPatata Cakesのうりさんと共に当日のうちに速攻予約。
    (ちなみに、その日のうちに満員御礼となりました)。
    ひたすら開催日を指折り数えて待つことしばし。


    カメラ忘れて画像悪くてスイマセン…

    やー、いつもはパリっぽい(か?)ニヒル牛2の食卓が、今日はめでたく正月色にみえるぜ!
    並べたさらに否応なしに期待感が高まります。

    大原より駆けつけたモチメさんは、貴重な衣装の大原女姿。お似合いです!



    作品の切り絵が大層美しいのですが、こちらは私事前に鑑賞済。
    ごはんを前にしては気もそぞろになるからね…!

    お客さんが全員そろったところで、オーナーであり店番のあるさん、そのお姉さんでライターにして
    本日のシェフであるあこさん、そしてモチメさん自らが説明と共にお料理をサーブしてくださいました。





    野菜の前菜。瑞々しい大根やカブ、ニンジンなどの味の濃いこと。
    そしてそれぞれにニンニクをきかせたり、クルミとあわせたり、予想を良い意味で裏切る
    しゃれた味付け。しょっぱなから皆のテンションあがりまくりです。
    いやもう、本当においしいよ!



    そして葉物野菜のもりあわせ。5種類の野菜を絶妙にゆでて、大根おろしやカボス醤油で
    好きに味わうという、野菜本来の味をみてほしい、というひとしな。
    まずは何もつけずにそれぞれの味を…うん、本当に味が詰まってる感じ。薫り高くて歯触りもぜつみょー!
    大根おろしをそえると、またふわりと違った味でおいしくいただきました。
    しかし、野菜ばかりとはいえ、ここまででもかなりのボリューム。



    お次はいきなりお雑煮。こちらも大原の道の駅で売っている(んだっけな)、丸もちを、
    白菜と豚肉のすまし汁じたてで。
    しっかり味ながら透明なスープがおもちのおいしさをひきたてます。
    ちょっと焼かれた、香ばしいおもちはのびがよく、お米の味がしっかり、かむほどに甘味が。
    甘くふっくら炊いた黒豆も良い箸休めです。私、煮豆好きなんだよね〜。

    すでにお腹がふくれはじめていますが、
    メインディッシュはカブのステーキです!



    これがねー、またおいしかった。肉ならミディアムレアって感じに焼かれたカブは、甘さとほっくりさを増して
    ちょっと振られたおいしいお塩と少しの油でぐっとコクがでています。
    干した椎茸もいいアクセント。見事に「メイン」の座を飾る迫力がありました。



    メインが続きます。ここで堀川ごぼうに、鶏のひき肉をつめて炊いたもの。
    太いけど、まったくスジっぽくなく、野趣あふれるというよりむしろ上品な感じの
    ごぼうと鶏肉が薄味で炊かれて、汁まで飲み干したい…!(と言ってスプーンを頂きました)。

    あっ、なんとここでごはんの登場です。大原の「わっぱ堂」さんの丹精したお米、土鍋炊き。







    ふっくら、つやつや、香りのいいお米に、サトイモがごろんと入ったおいしいお味噌汁。
    そして大原のお漬物。こちらはやや酸味のあるお漬物で、ちょっとお醤油とかたらすとごはんによく合います。
    ​あらまあ…どうしたもんか、もうお腹はパンパンですけど、米がうまいのでぺろり。
    おわんの底の味噌さえ残さず、おいしく頂きました。



    うわーやられたやられた、とひとしきり皆がマンプクしたところでデザートは
    大原のたまごのプリン。



    これがまた絶品でしたのよ…!ほんとにおいしかったのよ…!
    しっかりと濃厚な、クリーム系ではなくあくまでも卵の味にほろにがキャラメル。
    これぞ、夢みたプリン!という感じ。バニラビーンズも特別なものらしかったけど、
    すいません、よくきいてなかったよ!!

    ひとつひとつの野菜やメニューについて、モチメさんやあこさんがいい感じに解説してくれるので
    味わう楽しみもひとしお。おまけにおみやげの切り絵「大原女ちゃん」ポストカードまでついて、
    大満足の食堂でした。

    これ、普通に食堂でだしてたら大赤字でしょうけど、こういう棚ボタ的なイベントがちょろちょろ行われるので
    この店は目が離せません…。



    そして、なんだか大原にいってみたくなりました。
    モチメさんが、学びの場に選んだこの大原という土地を、どれだけ愛しているのかが伝わってきました。
    そしてその素晴らしさを、是非みんなにも知ってほしいというまっすぐな気持ち。
    彼女の切り絵のように、繊細でありながら強く、真の通った、しゃんとした気持ちと、
    関わったすべての人が心を尽くしてくれたもてなしを受けることができ、
    本当に良いイベントでした。

    ごちそうさまでした。

    切り絵作家モチメさんのサイト
    大原留学記がたっぷり読めるニヒル牛マガジンのサイト
    ニヒル牛・ニヒル牛2のサイト


    白ふくろう舎HPへ

     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    46296 on twitter
    しろぐるめ
    facebookpage
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • OTONA SALONE でアラフォー婚活のマンガ連載がはじまりました
      40 (11/18)
    • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
      yukky (03/02)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      丸大豆 (05/21)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      ぴーこ (04/18)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      白ふくろう舎 (10/19)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      ヨーコ (10/16)
    • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
      のぶ (02/11)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      白ふくろう (07/07)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM