<< 「鳩の街100YENチャレンジショップ」(2014年10月25日)に出店します(追記アリ!) | main | Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2) >>
2014.10.11 Saturday

Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(1)

0

    独自のファッションセンスを磨き続けて××年、アラフォー真っ盛りの白ふくろう舎です。

    おしゃれ、おしゃれめ!お前のおかげで私がどれだけ肩身の狭い思いを

    いえ、本日はそういう恨み言ではなくてですね、そうやっていつまでもコンプレックスを抱えているのもなんなので
    ここはひとつ抜本的改革を試みようではないかって話です。そうなんですよ!

    先日、ライターの佐藤友美さん(ヘア専門誌のOCAPPAでずっと一緒にお仕事してました)が
    こんなブログをアップされたのです。

     

    スタイリストのやまこに、手持ちのお洋服全部、見直してもらった!

    めっちゃ気になりますやん。だって、雑誌なんかで活躍するプロのスタイリストが、クローゼットチェック、
    コーディネイト作成、買い物同行、なんかしてくれちゃうというのですよ!
    しかも、このサービスを受けてから、会う人会う人にホメられるってんだから!

    昔っから「奥様大変身」的企画が大好きな私。だからといって自分がそれをできるとは思ってもみませんでした。
    テレビとかに応募する勇気はさすがにないしな。昔ネットで同じようなサービスもみたけど、やっぱり
    身近な人がやってみてよかった、実際に効果があった、っていうのは非常に背中を押されるじゃないですか。

    まああとタイミングだな〜。なんかもう、自分でいろいろがんばるの、無理かも。
    素直に学んだほうがいいかも。いいかげん「おしゃれ」に白旗をあげるべきではないのか。
    そのほうが人生、いろいろうまくいくんじゃないのか。

    大抵の女子なら10代くらいで気が付きそうなことに今頃気づくのもなんですが、
    まあそれが私の人生なんだよ!未知の分野がまだまだあるって幸せじゃん!

    …前置きが長くなりましたが――、速攻で友美さんにツイッターのリプライとばして
    前のめりに紹介してもらいました(紹介がなくても普通に申込めますヨ!)
    とりあえず、友美さんと同じ2daysプラン!

    しかし当日まで、数年ぶりの大規模な断捨離とかするはめになりました。
    お洋服広げるスペースつくったり、押入れあけた時に雪崩が起きても困るしね。
    リサイクルショップにひきとりにきてもらったり、これも大変いい生活の見直しになりました。思わぬ余禄です。
    後は、おしゃれピープルに自分のクローゼットをみせるという、どんな拷問だよっていう
    精神的プレッシャーはどうにも。でもね、まあ、相手はプロだし。プロならいっそハードル高い方がいいよね!(オイ)

    というわけで、いよいよ当日です。

    私なりのコーデにて…


    待ちあわせは地元駅前。スタバで1時間ほど、カウンセリングします。
    最初、ちょうどレジにいたAKKOさんを見て
    「素敵な人だな〜、でも前見た写真はもうちょっと地味だった気がするから違う人かも」と、うっかり別の人に声かけちまった(笑。素敵だなと思った人が「私の」スタイリストだなんて大変嬉しいです。

    カウンセリングでは、困っていることやなりたいイメージなんかを話すのだけど、
    御互い昔同じ媒体で仕事をしていたのでその話にも脱線。
    ファッションと読み物なので接点はないけど、編集さんや雑誌の話が懐かしい。
    そんなで、ちょっとリラックスして、いよいよ我が家へ。

    「わー!かわいい!これなんですかー」
    入るなり、壁にあったケモノミミ帽子(bambiちゃんのワークショップに参加して作った)にとびつくAKKOさん。
    おお、そこに食いついてくれますか。
    嬉しいです。私のアイテム(衣装用)の中でも大変趣味性の高いものですから、これで大分心の余裕が生まれました。

    その時の様子をAKKOさんがブログに書いてくれてます

    そして、靴、アウター、ワンピ、ボトム…と、ザクザクと、アイテムチェック。
    うへえ、あえて当日までみないようにしていた私の服、古っ。あと、手入れ悪っ。
    それらを、「このへんは”チームほっこり”としましょう」「ジャケット系はこれで全部ですか?」
    「靴は秋冬ものに限定しましょう」とざっくり仕わけ。

    いよいよ、コーディネイトがはじまります。このころには、思いの外自分の服がつかえないことに
    ようやく心から気づいたため、もうハラハラです。明日の買い物まで、これで何通りも作れるんだろうか!?


    じゃーん。
    ども、

    あら不思議!

    っていうかほんと不思議!

    なんじゃこりゃ。ホントに私の服か。なんかお洒落じゃないか。
    ていうかかなりお洒落じゃないか。

    基本はベーシックなもの、そこに小物づかいでアクセントをつける、ってまさにおしゃれ本にのってる
    セオリーそのままなわけですが、それを「実際どうやるか」「自分の手持ち服でやるとどうなのか」
    しかも「私のイメージ、私の好みにあうようにできるのか」…
    こればっかりはね!実践を重ねて磨いていくしか、ないわけですよ。普通は。


    床にあるのをみていまいち着方がわからなかったものは実際に装着!
    シャツもカーデもインするなんて考えもしなかったよー。巻物のかわりに帽子にするバージョンなんかも
    提案してもらった。


    それが、たちどころにできていく。(実際は部屋の中であれこれ掘り起こしながらなので結構な肉体労働です。私がまた
    ボケーっとしてるもんだから、AKKOさんひとりが動きまわっとる…)
    さらに嬉しいのは、「こ、これは衣裳チームだよね…」と思っていたアイテムも、
    「これ可愛いから使いたいんですよね」とコーディネイトに加えてもらっていること。
    「イラストレーターさんだから、やっぱりそういう感じも欲しいですよね」
    「これはかなりほっこりで優しい感じだから」「絵本の営業とかいくときに〜」「そうそう」みたいな、
    ビジネスコンサルみたいなことまでして頂き、ありがたすぎます。



    カウンセリングのとき、希望のひとつとして、「シャツをさらっと格好よく着る、みたいなのに憧れるんですが
    どうにもシャツがうまくきれない」ということも言っていたのですが、
    そもそも、ウチ、そんなわけでシャツがねえ。

    あるものといえば、こんなブラウスとかですよ。もともと好きなうえに、イベント衣装用に買ったり、友達が
    「白さんなら着てくれそう」とくれたものまで、もう「チームフリフリ」ときたら山となっているのに、
    シンプルなシャツ、これ1枚っきり。

    なんとなく、明日のお買いものは見えましたかね。
    しかし、もうこの時点で大興奮です。
    だってさー、だってさー、これで多分この冬、おでかけする分くらいのバリエーション、できちゃったもんね!
    明日の買い物にも「着ていく服がないわ」って悩まないんだよー。
    うおおおん。

    あんまり嬉しくて、AKKOさんを玄関に送っていくときにカギを持ち忘れて
    しばらくしめだされたほど幸せに満ちて、プラン一日目は終わったのでした。



    ちなみに、お買いもの前に手持ちの服だけで作ったコーデ。
    まだ着てみて3日目くらいなんですが、本当に、冗談みたいに褒められました。
    ネットで私がスタイリングをお願いしたのを知っている人からの分はのぞいても、褒められました。
    「このコーデはイラストレーターって感じだなー」ってやつは、初めての編集さんとの待ちあわせで着たら
    「イラストレーターさんて可愛い服着ますよねー、もう一目でわかりましたよ!あの人しかいないって感じでした」と、
    もはやシンボルのように機能してくれた。

    ファッションて、自己表現でもあるけど、相手とのコミュニケーションツールなのだな。
    どういう自分と思って欲しいか、というときに「見た目」「印象」の果たす役割はこんなに大きくて、
    整形とかしなくても、服をちょっとアレンジするだけでこんなにいろんなことを相手に伝えることができるんだ。
    「仕事ができそう」「やさしそう」「女性らしい」「個性的」
    そういう印象を、狙い通りに相手に与えることができて、そこから関係を結べるなら、こんなに心強いツールがあるだろうか。

    おしゃれ、ごめん。ファッション、ごめん。
    そしてスタイリストさんたち、いろいろこの業界に関わってるひとたち、ごめん。
    おしゃれをがんばってる人たちも、ごめん。
    私、あなたたちの存在をずっとずっと、過小評価してましたわ。
    そして、自分とは無関係と思い込んできましたわ。

    「いやそれ大げさすぎだろ」って感じかもしれませんが、ことファッションと運動については
    「二大みないふり」で生きてきましたんでね。それくらいの驚天動地だったわけです。

    いやー、うん、そんなわけで、翌日のお買いもの編に続きます。たぶんね。




    スタイリスト山本あきこさんのブログはこちら。パーソナルスタイリングの申込もできます。
    「白さんのブログをみたよ」と言ってくれたら、特典はないけど、白さんが喜びます(笑。

    見た目changeで人生が変わる【Rocco style.】


    ☆イベント参加しまーす!2014年10月25日、鳩の街通り商店街にて、是非きてね☆
    「鳩の街100YENチャレンジショップ」(2014年10月25日)に出店いたします  
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    46296 on twitter
    しろぐるめ
    facebookpage
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
      yukky (03/02)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      白ふくろう舎 (05/25)
    • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
      丸大豆 (05/21)
    • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
      ぴーこ (04/18)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      白ふくろう舎 (10/19)
    • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
      ヨーコ (10/16)
    • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
      のぶ (02/11)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      白ふくろう (07/07)
    • ただいま戻りましたー。元気です。
      あるふぁ (07/06)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM