2016.07.15 Friday

西荻のギャラリー「ヨロコビto」にて仮面づくりワークショップをしますよ!(8月6日)

0

    ご無沙汰しております。

    ためてしまった告知をこれからドコドコとしていきたいと思いますよ!

     

    まずは8月、久しぶりに仮面作りワークショップです。

    3月の西荻ラバーズフェスでもおせわになった、

    ギャラリー「ヨロコビto」さんの楽し気な企画に乗っからせていただきます

     


     

    CREATORS WORKSHOP

    『2016 SUMMER CREATORS WORKSHOP』
    西荻クリエイターズワークショップ
    2016年8月2日(火)〜8月10日(水)
    平日12時〜20時
    土日祝11時〜20時
    月休

    ワークショップ実施内容等、詳細はこちら!

    チラシPDF(印刷用)はこちら

     

    ☆白ふくろう舎のワークショップはこれ!☆

     

    8月6日(土)17時〜19時
    『オリジナル仮面を作ろう!』
    参加費:3,800円(材料、道具費込)
    定員:8名 予約受付中
    対象:高校生以上

    白い仮面ベースに綺麗な紙を貼ったり、塗ったり、デコレーションをして、世界にひとつだけの仮面を作ります。

    仮面をつければ、たちまち日常からトリップ! 新しい自分になれるかも?

    完成後は併設カフェで仮面お茶会を楽しみましょう。(※お茶会ご参加は任意です)

    【持ち物】
    手ぶらでOKですが、使い慣れているハサミなどの道具があればお持ちいただくと作業がスムーズです。

    気になる方はエプロンをお持ちください。

    (持ち帰り用に、底マチの広い紙袋をお持ちいただけると大変助かります)

     

    ヨロコビtoさんのカフェ、雰囲気も大変よろしく、飲み物はもちろんケーキなどもおいしいので、

    この機会にぜひ仮面をつけてのお茶会なども楽しんでみてはいかがでしょうか!

     

    是非是非、ご予約ご参加お待ちしております〜!

     

     

    JUGEMテーマ:イベント情報

    2016.06.12 Sunday

    日本初?仮面専門店「仮面屋おもて」さんにて白ふくろう舎の仮面販売中です

    0

      (今回、自分で撮った画像があまりにひどいため、すべての写真をお店の公式サイトとツイッターよりお借りしております)

      今年の4月、スカイツリーのお膝元、押上駅にもほど近い曳舟駅の「キラキラ橘商店街」に「仮面屋おもて」さんがオープンいたしました。
      お店についてはサイトや、こちらの記事などが詳しいです。


      何しろレトロな商店街に突然現れる、店構えはすっきりとおしゃれな、でものぞきこむとみんなびっくりな「仮面屋」さんです。一体どんな様子でやっていらっしゃるかと思いきや、先日おうかがいした時には、なんだかすっかり地域ともなじんでいるようにみえました。
      お若いながら、飄々としてどこか浮世離れしたような、でもビジネス本でも書いたら売れそうな、店主の大河原脩平さんのふしぎな人柄によるところも大きいのでしょう。



      そんな大河原さんとは、昨年の紀伊国屋新宿店での仮面の本展にお越しいただいたり、
      今年の2月、TOKYO MASK FESTIVAL vol.2 に呼んでいただき、仮面づくりのワークショップを開催させていただいたりしたご縁があります。

      とはいえ、こちらで扱う仮面は、プロダクトというよりは現代アート、クオリティもお値段も私の作るものとはえらい違いのものが多く、それだけにお店自体は大変に面白いのですが、私の「ベネチアンマスクにあこがれたオカンのアート」みたいな(すごい言いようだけど、これはこれでよいと思っている)ものはお店のセレクトにあわないのでは…と思っておりました。

      でもね、仮面好きがこうじて「仮面の本」まで出しておいて、せっかくの仮面専門店に置かせてもらわない手はないでしょうよ、とあらためてお願いしてみたところ二つ返事で扱っていただけることになり、とはいえ梱包するのが面倒という甚だずぼらな理由から、先日ようやく納品をすませた、という次第です。(自分からお願いしにいったのに催促される体たらく…)



      うかがった日には、「今度は”フレッシュ○○エアー”や、”ズームイン・×!”を取り扱おうと思っているんです」と嬉しそうに話してくださった大河原さん。それはいったいなんぞや?そもそも仮面と関係があるのか?と思った方は、ぜひお店に行ってお話ししてみてください。
      「仮面屋」で仮面を売る、という実にシンプルでわかりやすそうなことではありますが、実際お店に足を踏み入れると、
      「なんだろう」「どうしてだろう」「どういうことだろう」と思うことがつぎつぎと沸いてきて、でもそれを「アートですね」と片づけて放ってしまうには惜しい、とても面白い場所となっていると思います。そういうところに私の仮面がおかれることで、また何かおもしろい反応が起きたらいいなあ。

      というわけで、このところ「販売されているんですか?」とお問合せ頂いても「不定期で…」とお伝えしていた白ふくろう舎の仮面が、めでたく常時販売というお知らせでした。あ、お店には「仮面の本」もおいてあります!お店ともどもどうぞよろしくお願いいたします。

      仮面屋おもて
      白ふくろう舎サイト
      白ふくろう舎の仮面のサイト
      2016.05.20 Friday

      西荻ARTRIONで伊豆下田のきんめ祭り!

      0
        (本日のしろぐるめは「しろぐるめ」と連携しております。)

        今月のあたま、突然同業友人カワハラユキコ氏からお誘いをいただき(当日だった)
        「第七回 下田きんめ祭り 試食会」に行ってまいりました!
        プレス向け試食会というので、私がいってもいいのかしら…と思ったものの
        伊豆下田のうまいきんめが食べられる、という話なら断る理由はなにもございません。

        大急ぎで化粧して向かったのはとなり駅西荻窪の「アートリオン」さん。

        ライブもできる食事処という感じの「音楽好きが集まる小さなお店」という場所で、なぜ試食会?と思ったら、店主のミュージシャン、だいじゅさん下田のご出身でいろいろとご縁があるよう。こういうつながりのイベントはいいね!

        そんなわけで、お店はアットホームな雰囲気ながら
        板前さんや寿司職人さん、観光協会の方など本格的なイベント感。
        私たちのほかはテレビや新聞の取材の方で、ひっそりと肩身の狭さを感じつつも、

        こんな見事なきんめ鯛を見せられてはそんなしおらしい気持ちも吹っ飛ぶというもの。

        おおきい!ピッカピカ!みっちり!キラキラ!
        きんめ鯛の目って本当にピカピカしている〜!
        春から夏にかけて、つまりまさに今は、きんめに脂がのってもっともおいしい時期だそうですよ。

        最初のお料理は「きんめ鯛のしゃぶしゃぶ」。

        ポン酢とごまだれでいただきます。いやーん!!

        「身が柔らかいですから、3回もふれば十分です」とのことでドキドキと箸をつける私たち。
        本当に、しゃぶしゃぶしゃ、くらいでさっとひきあげて、たれをつけて、…

        食べた途端に昇天の体のカワハラ会長。

        皆で順番に昇天しながら、ポンズにごまだれ、野菜を入れたり「お酒ほしい」とつぶやきながら堪能しました。
        や、もう口に含むとひろがるほんわりとやさしい甘みとうまみ。
        たれはポンズが人気が高かったですがどちらも方向が違う味でおいしかったです。

        場所によって、皮のコリっというのを楽しめたり、箸がとまりません。

        興奮冷めやらぬうちに出てきたのが下田のソウルフード的な位置づけらしい、「きんめの煮つけ」

        置かれた姿がほら、美しい。(写真は「しろぐるめ」で!)

        見るからにテリテリとした油、ほっくりと厚く、弾力あるきんめの身と、そのうまみをぞんぶんに吸った野菜は、それでもしっかりとした歯ごたえを残して五感を楽しませてくれます。
        ああこの甘辛さ、白いご飯がほしい〜とうなりつつぺろり。

        そして、ごはんがほしいといったら寿司がでてきたの巻。(写真は「しろぐるめ」で!)
        ここ、今間違いなく天国ですよね。さっき昇っちゃったんですよね。

        寿司は、炙りを塩でいただくのと、ヅケの2種!!(写真は「しろぐるめ」で!)
        おなじきんめなのに、まったく違う二つの味わい。
        あぶると脂の甘みをより感じる気がします。
        なのでむしろ、塩だけのあぶりが濃厚な感じ、ヅケはさわやかさも感じるような、でも濃縮されたうまみ、ひきしまった味わいを感じるようです。交互に食べるとこの上ない口福が!!

        ここで以外なメニュー登場。きんめのチャウダーです!(写真は「しろぐるめ」で!)
        若い人にも親しんでもらおう、と下田まつりの目玉として開発されたメニュー。
        きんめのだしが濃厚なチャウダーには、さらにソテーした大きな切り身。もう、スープというよりこれはどっしりとしたメインのようなひとしな。寿司でそのもののうまみを食べた後では、一瞬「もったいないのでは?」と思ったのですが、なんの、ソテーした切り身のうまさは負けてしまうことなく、またバターや牛乳といった乳製品との相性も格別。

        そしてシークレットな感じのひとしな。白子のソテー!(写真は「しろぐるめ」で!)
        5匹のきんめのうち、1匹だけから白子がとれたようで、これまた濃厚なソテーで。

        もうこりゃ絶品ですよあなた!すごいよ!まろやかというか、ミルキーというか、「あっ、なんかいけないもの食べちゃってる!」といううまさ。あー。

        そしてシメは、雑炊。この雑炊の中にも、ダシだけでなく身がほろほろと。もうおなか一杯、と思う胃袋にもするする、じんわりとしみていきました。は〜、優しくて、味わい深い。

        さてこんなおいしい極上きんめですが、これを試食させていただいたのは
        ほかでもない、「下田きんめまつり」のPRの一環なのでした。

        6月の1か月間、きんめ水揚げ日本一の下田で開催される祭りです。

        というか、下田ってそんなにきんめがとれる場所だったのね!
        同時期はあじさい祭りもあり、見どころがたくさんありそう。

        今回調理をしてくださった閃味処 料磨さん(お店のサイトをみたら、絶品だった煮つけのほか、金目の玉子とじ丼なんて創作料理も…気になる)や美松寿司さんはじめ、加盟店でおいしいきんめ料理が食べられるほか、目玉商品のクラムチャウダーのふるまいや、きんめの寿司を格安で食べられるイベント、ガイドツアーなどもりだくさん。

        なかなか、行きたいと思いつつ行けていない伊豆下田なのですが、これを機会にぜひ行ってみたいものです。

        いやほんとおいしかった!ご馳走様でした!
        イベントへのお問い合わせは 下田観光協会
        協力 伊豆のせんたんコンセルジュ

        写真メインの記事は「しろぐるめ」で!

        レポート:白ふくろう舎

        JUGEMテーマ:イベント情報

        2016.05.12 Thursday

        「らくレシピ」発売中です&読者様の声

        0
          ご報告が大変遅くなりましたが
          2016年4月7日、著作として初のコミックエッセイ本
          「らくレシピ」がイースト・プレスさんより発売されました!わーわー。

          7年近く続けてきました「しろぐるめ」の簡単料理などから
          ネットで評判のよいもの、コンテストなどに入賞したレシピなどを抜粋して
          読みやすいコミックエッセイで作り方や楽しみ方を描いています。

          今回、本の性質上「白ふくろう舎」だと入り込みにくいということもあり
          本名の「近藤ゆかり」名義でも初の著作となります。なんだか気恥ずかしいですね。

          こちらのサイトで中身をたっぷり試し読みできますので
          是非ご覧くださいね。

          らくレシピ | Matogrosso


          コミックナタリーさんのニュースでも取り上げて頂きました!
           
          そしてそして、同業の友人たちもブログでご紹介くださいました。ありがとうありがとう。
          なとみみわ「あっけらかん」(マンガのあとにあるよ〜)
          カツヤマケイコDIARY(紹介記事ありがとう!)


          お陰様で(主に友人知人の)皆様がたくさんお買い上げ下さり
          実際にレシピを試して下さったりもしているので
          本当にありがたく、一部こちらで「読者様の声」としてピックアップさせて頂きます。   本当にたくさんのお買い上げ、コメント、実作ありがとうございます!
          ご興味をもたれた方は是非チェックしてみてくださいねー!
          【4月7日発売】「らくレシピ」(コミックエッセイの森)発売中
          goo.gl/4HFCI1 
          【リニューアル】白ふくろう舎のサイトを大幅リニューアル!サンプル画像や情報豊富です 
          http:/46296.com/
          2016.03.31 Thursday

          西荻24人のイラストレーターズ展終了しました!

          0
            3月いっぱい開催しておりました、24人のイラストレーターズ展(西荻ラバーズフェス企画)、
            お陰様でたくさんの方にお越しいただき、終了いたしました。
            (白ふくろう舎×カフェモナミさんの展示をはじめ、多くは31日までですが、
            一部のお店では定休日などにあわせ、延長しています!
            是非、お見逃しのないようごらんくださいませ(#^.^#))



            カフェモナミさんの広い店内を、これでもかとイラストと仮面でうめつくし、本や雑貨も置かせて頂き、モリモリの1か月でした。
            (会期中の記事はこちらも是非ご覧ください)

            西荻をテーマにした描きおろしのイラストと絵葉書もご好評をいただきました。
            また期間中、同じく西荻のニヒル牛で開催された「かばん展」には、
            昨年一緒に展示をしたデザイナー「花ケモノ」お針子bambi☆さんとのコラボバッグも出品されました。


            期間も長かったため、遠くはオーストラリアや蘇州、京都から、お店の常連様から、また特製マップを片手に展示をはしごしてくださる方、じつはご近所にお住まいだったお仕事つながりの方、そして沢山のお友達…と本当に多くの方にお越しいただき感謝感激です。
            毎回、展示を決めるたびに、来て頂くに値するだけのことができるのか、悩み続けるのですが、こうして足を運んで頂けることが何よりの力となっています。本当にありがとうございます。





            お店とのコラボレーションとしては、
            カフェモナミさん、週末営業のMagaliさん、どちらも「展示限定」の新メニューを作って下さったことも本当に嬉しかったです。
            モナミさんは、「愛と青春のすみれキッチン」から、生姜ピラフをアレンジして。

            マガリさんは、お得意の焼き菓子で「白ふくろうクッキー」を。

            と思えば、モナミさんも「ふくろう⇒白ふくろうクッキー」を作ってくれたり!
            (↑最初チョコペンで描いていたラインがホワイトチョコに!)

            さらにさらにマガリさんは「なないろドール」にあわせてレトロでカラフルなフルーツゼリーを。
            (わざわざこのチェリーを求めてお店をハシゴして下さった!)

            行くたびに何かしら新しいことが起きていて、展示している私自身が毎度驚いている状態でした。

            ちなみに、ラバーズフェス、ケーブルテレビの取材も入っていたようです…。仮面、置いといてよかった!


            これまで、カフェでの展示ということに少し抵抗があったのですが
            (座席のそばの絵は鑑賞しにくいし、オーダーをお願いしないといけないし、…等)
            かえってゆっくり見て頂けたり、お店自体のファンになってくださる方も多く、今回のご縁に感謝しています。
            (あと実は、思いの他たくさんイラストのお買い上げを頂いたことも大変嬉しく、驚いております。本当に有難うございます)

            また、この展示の他の23名×23店舗がそれぞれに面白く、クオリティ高く、そこを回るのも大変に楽しく刺激になりました。
            これがきっかけで今まで名前は知っていても行ったことがなかった店にもいけ、また沢山の魅力的なイラストレーターさんの作品を知り、原画を間近でみられ、店と作家のコラボレーションのしかたにそれぞれに工夫を凝らしているのが実に面白かったです。

            この絶妙のマッチングから、会期中の細かな取り回しまで、実行委員の皆様には本当にお世話になりました。
            (奇しくも、展示終了の本日、建物老朽化のために閉所となる西荻案内所さんには企画へのお声掛けや、モナミさんとのご縁をつないでいただき本当に感謝です。閉所は寂しいですが、絵葉書を作って下さったヨロコビtoさんはあらたに新店舗をオープンされるそうで、また新しいものが生まれ、こうして街は続いていくのだなあと思います。)

            今年は展示やイベント参加を減らして、受注の仕事に専念しようと思っていた矢先の企画で、参加を迷いもしましたが
            結果としてとても幸せな、嬉しい展示となり、ご来場、応援してくださった皆様、関係者の皆様に心から感謝申し上げます。
            引き続き、白ふくろう舎をよろしくお願いいたします。

            西荻 Lovers Fes(終了) フェス当日・全イベントの情報はこちら 買ってトクするクーポンブック「西荻Bonne」の情報も!
            24人のイラストレーターズ展(終了、一部延長中) FBページ 24人の展示情報はこちら
            カフェ モナミ(cafe monami) 終了)モナミさんの食べログ しろぐるめ紹介記事
            Magali  twitter Magaliさんのサイトとツイッター しろぐるめ紹介記事
            白ふくろう舎オフィシャルサイト(2016.4.1リニューアルしました!!)




            JUGEMテーマ:イベント情報
            Calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            46296 on twitter
            しろぐるめ
            facebookpage
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
              yukky (03/02)
            • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
              白ふくろう舎 (05/25)
            • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
              白ふくろう舎 (05/25)
            • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
              丸大豆 (05/21)
            • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
              ぴーこ (04/18)
            • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
              白ふくろう舎 (10/19)
            • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
              ヨーコ (10/16)
            • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
              のぶ (02/11)
            • ただいま戻りましたー。元気です。
              白ふくろう (07/07)
            • ただいま戻りましたー。元気です。
              あるふぁ (07/06)
            Recent Trackback
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM