2014.01.13 Monday

大原きりえ食堂西荻店に行ったよ

0


    時々イベントをやらせて頂いたり、物販をしている西荻窪の箱貸しギャラリー、「ニヒル牛2」。
    こちらで、切り絵作家のモチメさんが、1年間の大原留学の成果をひっさげて個展をされました。
    そして、「皆にも大原のおいしい食材を味わってほしい!」と1日限定で食堂が開かれることに。
    (この辺の詳細は記事最後のいろんなリンクでね!)

    な、なんですと…

    食いしん坊キャラとしては何としても参加せねばなりません。
    お世話になっているPatata Cakesのうりさんと共に当日のうちに速攻予約。
    (ちなみに、その日のうちに満員御礼となりました)。
    ひたすら開催日を指折り数えて待つことしばし。


    カメラ忘れて画像悪くてスイマセン…

    やー、いつもはパリっぽい(か?)ニヒル牛2の食卓が、今日はめでたく正月色にみえるぜ!
    並べたさらに否応なしに期待感が高まります。

    大原より駆けつけたモチメさんは、貴重な衣装の大原女姿。お似合いです!



    作品の切り絵が大層美しいのですが、こちらは私事前に鑑賞済。
    ごはんを前にしては気もそぞろになるからね…!

    お客さんが全員そろったところで、オーナーであり店番のあるさん、そのお姉さんでライターにして
    本日のシェフであるあこさん、そしてモチメさん自らが説明と共にお料理をサーブしてくださいました。





    野菜の前菜。瑞々しい大根やカブ、ニンジンなどの味の濃いこと。
    そしてそれぞれにニンニクをきかせたり、クルミとあわせたり、予想を良い意味で裏切る
    しゃれた味付け。しょっぱなから皆のテンションあがりまくりです。
    いやもう、本当においしいよ!



    そして葉物野菜のもりあわせ。5種類の野菜を絶妙にゆでて、大根おろしやカボス醤油で
    好きに味わうという、野菜本来の味をみてほしい、というひとしな。
    まずは何もつけずにそれぞれの味を…うん、本当に味が詰まってる感じ。薫り高くて歯触りもぜつみょー!
    大根おろしをそえると、またふわりと違った味でおいしくいただきました。
    しかし、野菜ばかりとはいえ、ここまででもかなりのボリューム。



    お次はいきなりお雑煮。こちらも大原の道の駅で売っている(んだっけな)、丸もちを、
    白菜と豚肉のすまし汁じたてで。
    しっかり味ながら透明なスープがおもちのおいしさをひきたてます。
    ちょっと焼かれた、香ばしいおもちはのびがよく、お米の味がしっかり、かむほどに甘味が。
    甘くふっくら炊いた黒豆も良い箸休めです。私、煮豆好きなんだよね〜。

    すでにお腹がふくれはじめていますが、
    メインディッシュはカブのステーキです!



    これがねー、またおいしかった。肉ならミディアムレアって感じに焼かれたカブは、甘さとほっくりさを増して
    ちょっと振られたおいしいお塩と少しの油でぐっとコクがでています。
    干した椎茸もいいアクセント。見事に「メイン」の座を飾る迫力がありました。



    メインが続きます。ここで堀川ごぼうに、鶏のひき肉をつめて炊いたもの。
    太いけど、まったくスジっぽくなく、野趣あふれるというよりむしろ上品な感じの
    ごぼうと鶏肉が薄味で炊かれて、汁まで飲み干したい…!(と言ってスプーンを頂きました)。

    あっ、なんとここでごはんの登場です。大原の「わっぱ堂」さんの丹精したお米、土鍋炊き。







    ふっくら、つやつや、香りのいいお米に、サトイモがごろんと入ったおいしいお味噌汁。
    そして大原のお漬物。こちらはやや酸味のあるお漬物で、ちょっとお醤油とかたらすとごはんによく合います。
    ​あらまあ…どうしたもんか、もうお腹はパンパンですけど、米がうまいのでぺろり。
    おわんの底の味噌さえ残さず、おいしく頂きました。



    うわーやられたやられた、とひとしきり皆がマンプクしたところでデザートは
    大原のたまごのプリン。



    これがまた絶品でしたのよ…!ほんとにおいしかったのよ…!
    しっかりと濃厚な、クリーム系ではなくあくまでも卵の味にほろにがキャラメル。
    これぞ、夢みたプリン!という感じ。バニラビーンズも特別なものらしかったけど、
    すいません、よくきいてなかったよ!!

    ひとつひとつの野菜やメニューについて、モチメさんやあこさんがいい感じに解説してくれるので
    味わう楽しみもひとしお。おまけにおみやげの切り絵「大原女ちゃん」ポストカードまでついて、
    大満足の食堂でした。

    これ、普通に食堂でだしてたら大赤字でしょうけど、こういう棚ボタ的なイベントがちょろちょろ行われるので
    この店は目が離せません…。



    そして、なんだか大原にいってみたくなりました。
    モチメさんが、学びの場に選んだこの大原という土地を、どれだけ愛しているのかが伝わってきました。
    そしてその素晴らしさを、是非みんなにも知ってほしいというまっすぐな気持ち。
    彼女の切り絵のように、繊細でありながら強く、真の通った、しゃんとした気持ちと、
    関わったすべての人が心を尽くしてくれたもてなしを受けることができ、
    本当に良いイベントでした。

    ごちそうさまでした。

    切り絵作家モチメさんのサイト
    大原留学記がたっぷり読めるニヒル牛マガジンのサイト
    ニヒル牛・ニヒル牛2のサイト


    白ふくろう舎HPへ

     
    2014.01.10 Friday

    白ふくろう舎のぬり絵カフェ@cafe Birdbathのお知らせ。 東高円寺で無心にぬりえを!

    0

      先日、ツイッターで「ぬりえお茶会やりたい」とつぶやいたら、ありがたいことに「行きたい」「ぬりたい」
      というお声と、さらに「うちでやりませんか?」というお誘いまでいただきまして、
      急ではございますが1月25日にぬりえお茶会を開催することにいたしました。

      すごい、3行で説明終わった。
      以下、FBのイベントページより転載いたします。


      白ふくろう舎のぬり絵カフェ@cafe Birdbath

        キラキラお姫様イラストで定評の白ふくろう舎のぬり 絵を、
      大きなテーブルで、みんなでひたすらぬる イベントです。
      たくさんの色鉛筆を使ってのぬり絵!
      力作、お待ちしております。

      ぬり絵は、3種類。 お好きなものをお選び下さい。
      画材は、色鉛筆をご用意しておりますが、持ち込みも可能 です。

      ぬり絵テーブルは、7名までとなります。
      混み合った場合は、皆様で譲り合っていただけますよう、 お願いいたします。

      参加費:800円(1ドリンク付き)

      場所 cafe Birdbash  〒166-0012 東京都杉並区和田3-6-7
      時間 12:00〜9:00(白ふくろう舎は12:00〜16:00までおります)
      カフェHP http://cafe-birdbath.com/


      折角なのでカフェ バードバスさんのことなどちょっと。
      東高円寺の駅から、ほのぼのとレトロな商店街の奥まで徒歩で7分位。



      こちらのお店です。もとはダンススタジオだったということで鏡張りの、
      思いの外広い店内。カウンターとテーブルがありますが、今回のぬりえお茶会は
      大テーブルでみんな頭をつきあわせて塗って頂くことになります。
      当日は貸切ではありませんので、他のお客様へのご配慮などよろしくお願いいたします。



      ちなみに!こちらのお店は「ワンちゃんOK」カフェ。
      お散歩の途中のワンちゃんがいたりするかも…!?

      ぬりえお茶会はドリンクつきですが、こちらのお店はごはんやスイーツもおいしいです。
      ぬりえを思い切りぬってお腹がすいたら、テーブルをかえてゆっくりランチや
      ディナータイムもよし。
      なにしろ飲み会で知り合った方のお店なので、お酒だってありますよ。
      夜までやっているのが嬉しい。



      白ふくろう舎は12:00〜16:00までおりますが
      今回はあくまでぬりえ会ということで、私もすみっこで無心に色塗ってるか、
      あるいは食べてるか、ぬってる皆さんをうっとり眺めるか、していると思います。
      「私ゃひたすらぬりえがしたいんだ!」という奇特な方のお越しを心よりお待ちしております。

      ちなみに、以前のイベントでの塗り絵会の様子。
      この無心さよ…!



      あ、でも
      ここまでの完成度はなくてもいいです(汗



      さあみんなで、レッツぬりえ…!!!

       
      2014.01.09 Thursday

      本を出したよ(←友達が!)2〜「魔法の手作り生活」成瀬瞳

      0

        じゃーん、新刊です(友達の)。
        新刊と言いつつレビューが遅くなってしまった、すまぬ。
        いつも家飲みやら旅行やらで仲良くしてもらっている”なるなる”こと
        成瀬瞳さん、はじめての著作です。

        おうち時間が楽しくなる 魔法の手作り生活

        手に取ればみっちり分厚い。中身もぎっしり描きこんであって、私らのような
        「家にいる時間が長い、それゆえに家を快適にしないとなんともトホホなことになる」筆者が
        一念発起しておうち時間をステキにすべく、いろんなことに挑戦します。

        定番の片付け・収納から、手作りコスメ、美容マッサージ、ベランダ菜園から
        フライパンでできる珈琲の焙煎、アクセづくり、最後にはおうちをきれいにしてホームパーティ―開いちゃおう!
        というところまで、プロの指導のもと、本人の実体験を漫画で読みやすく描いています。

        そしてですね、この最終にでてくる「ガレットパーティ」、私もご招待いただいたので
        ばっちり登場してるんですよ。



        あいかわらず遠慮していい女に描いてくださってますが、実際のパーティーの
        懐かしい写真を折角なので大公開〜。



        いやーガレットもお菓子もお酒も全部おいしかったし、お部屋もすごくお洒落になってて
        びっくりしたもんね。特に芋焼酎のカクテルとか、目からウロコだったな〜。
        どのメニューも女子受けまちがいなしです。



        美しく描かれていても、安定の食いしん坊キャラな私。
        ガレット食べつくして追加させちゃったもんな〜。

        漫画ページの合間にも、ちょっとしたレシピや小技、などがぎっしりで、
        相当な情報量です。1冊おいて置くとかなり楽しめそう。ひとつひとつはできるだけ手軽に、
        そして安上がりに(これ大事)できる方法を選んでいるので、
        「今日はこれ、試してみようか」という気持ちになりますよ。

        わたしゃ水に浮かべるマーブルネイルに興味津々です。
        是非、書店でチェックしてみてくださいね〜!
        2014.01.06 Monday

        本年もよろしくお願いいたします。そして白ふくろう舎2013ダイジェスト。

        0
          あけましておめでとうございます。
          本年も白ふくろう舎を何卒よろしくお願いいたします。

          年末年始は箱根に弾丸日帰り旅行したり、友達の家で昭和の宝塚映像などをみたりしながらのんびりと過ごしました。
          のんびりすぎてブログの更新もこんな時期になってしまった。
          毎年年賀状に書いていた「白ふくろう舎ダイジェスト」も、いまごろここに書こうという…。
          まあ、こんなもの自分のこだわりだけなんで、よいのです。
          そしてまったくダイジェストにならず、長くなったので、ひまつぶしが必要な方に読んで頂けたら嬉しいです。

          2013年の白ふくろう舎は

          1月 新年会だの、家のみだの、やたら飲み食いしていた記憶しかありません。仕事もいっぱいしたはずだけどな…。

            

          2月 普通に仕事したり、友達のお誘いでZABADAKの吉良さんたちがでてるライブいったりした。
             わりとまじめにしろぐるめも更新してた。バレンタインにはあちこちから手作りチョコ頂いた、幸せ。

          3月 ヴァニラ画廊主催、「聖ヴァニラ学園@銀座ブラックハート」にて「仮面のワークショップ」開催。
          いやー、自分がまさか銀座のフェティッシュバーで仮面作り講座とかすることになる日がこようとは。
          実はとってもアットホームで、素敵な会でした。割と早いうちに満員御礼になったのも嬉しかった!
          あとはカツヤンちのパーティー呼ばれたりサンキャッチャ―作ったりしてた。
          ←後日、カツヤンちのことが漫画になってた。「家呑みのススメ

          4月 「トンペンあるある」(扶桑社、土井裕美子著)発売。こちらのの表紙と挿絵、漫画をまるっと担当。
          東方神起、きいたことはあるけど(それも友達が急にファンになったから)…という真っ新の状態から、
          空耳の歌詞を覚えて歌えるほどになりました。わはは。

          愛と青春のすみれキッチン」(祥伝社、空野りか著)の表紙と中イラストまるっと担当。
          いやー面白かった!そして試食会と打ちあげがおいしかった!
          そしてイラストはやりたい放題やらせていただき幸せでした。



          あとはヅカみたり、カヨさんの展示いったり、なるなるんところのガレットパーティーによばれたりホビーショーであそんだり
          あまちゃきさまの撮影に立会ってウハウハしたりJYJのコンサート行って盛り上がったりしてた。



          5月 京都旅行。フリーになって初めての1週間長期旅行!とはいえ、実は仕事がらみ。
          久々の京都は本当に楽しかったなー!



           「最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇 (講談社+α文庫)」の挿絵も描かせて頂きました♪


          5月から隔月で相模女子大の交通広告(とウェブ)のイラストも担当。車内吊りは普段雑誌とかを見ない人にも
          喜んでもらえて嬉しい!



          あ、あと「クックパッド」でレンジおつまみ★しいたけのピリピリ黒胡椒 がふたつめのつくれぽ100達成しました。
          これもじんわり嬉しかった…

          6月 ギャラリー・ルデコ「初夏のひとつきりギルド」参加。
          恒例となりましたルデコ企画展。今回は仮面屋さんに変身。楽しかった!



          KIMONO姫ユカタ編発売。表紙のあしらいとグラビア、プロセス画など描かせて頂きました。



          7月 「タカラヅカファンあるある」(アスペクト、空野りか著)これまた表紙と中イラスト、漫画をまるっと担当。
             すみれキッチンでご一緒した空野さんの本2冊目!
             いやもう、楽しかったの一言です。シャンテやムラの劇場近くの本屋ではランキング1位にもなって涙。



             三菱自動車車株式会社「「ウツクシeK」新型eKワゴンサイトに漫画(動く)!掲載。
             ネームライターさんや着色さんが入って、はじめての経験でしたのでできあがりの嬉しさもひとしお。
                http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek_wagon/special/manga/index.html

          8月  わりとひたすら仕事していた。あ、うそです遊びもしてました。
           


          9月  仕事してました。
             あとは家飲みしたりヅカみたり
             

          取材でトンボ帰りの間隙をぬって観光したりしてました


          10月  3月にご好評いいただいた聖ヴァニラ学園の「仮面作り教室」ハロウィンバージョン開催
          今回も満員御礼、リピータ―様や男性の参加者も増えて大変楽しく、そしてPatataCakesさんのお菓子も絶品でした。
          同時に「ヴァニラマニア」で仮面とイラストの展示も開催。楽しかったです。

            

             「京都女ひとり旅」(中経出版・たいらさとこ/白ふくろう舎)の漫画作画。はじめてのエッセイルポ漫画、
             カラーでみっちり描き込みました。取材もふくめて大変だったけどほんと楽しかった。
            

          あとはニヒル牛2のワークショップいったり。西荻観光案内音頭のジャケットに参加したり。横浜で食べ放題したり。
          バラ園いったりです。





          11月 アフロモールで年賀状素材販売。ヅカみたり映画みたりパーチーにいったりしてました。
            



          そしてなんと!この月には、10年以上ぶりの海外旅行、台湾3泊4日にいってきたのですよ!
          うおーい。いまだに夢のよう。このレポートも書こうとおもってかけてない…。



          12月 「聖夜のひとつきりギルド」ルデコで開催。新メンバーも加わってぐっと密度も濃く、盛り上がりました。
              フジテレビの深夜番組「ドクター・チルドレン2」のフリップ動画もどっさり担当。みんなに宣伝しそこね
              残念!


          という感じの1年でした。今年もこんな感じでまったくとりとめなくやっていきたいと思っておりますので
          お仕事、イベント、遊びのお声掛け、首をクルクルまわしながらお待ちしております!
          2013.09.13 Friday

          本を出しました☆(友達が!)→「姑は外国人」 他お知らせ

          0
             あらまー。すっかりブログをサボってました。

            おかげさまで楽しくやっておりますが、まったくご報告できておりませんね。
            それはさておき、今日は友達の本の感想など〜

            「姑は外国人」なとみ みわ (イラスト), 小倉 マコ

            ブログも楽しい同業友達なとみんのマンガによる、嫁姑コミックです。


            姑さんのキョーレツぶりが独特で、最初はその「大変さ」がむしろ掴みづらかったんだけど(悪いばかりにも描いていないという配慮もあって)、
            若い頃の話とか、いろんなエピソードが積み重なっていくうちになんとなくその人となりがみえてきて、ああ実際に人ってクロとかシロとかじゃないよなあとしみじみしします。
            もちろんマンガ化にあたって、より客観的な目でみつめなおすという作業がはいっているでしょうれど、このお嫁さん(マコさん)が、
            姑さんに怒ったりふりまわされつつも、ちゃんといろんな視点で
            感謝もしたりしていて、そう、人ってオールOKでもないし完全にダメなんてこともないよねと。そうやって、時にモヤモヤはモヤモヤさせたままで、つきあっていくんだよね、と思ってみたり。

            キョーレツでも、やや非常識でも、ガチで嫁や孫とかかわろうとするこの姑さんとか、カナダの近所の人とかとの「人付き合いの距離」は、
            「互いの領域をできるだけ保つ」という今の日本(特に東京とかがそうなのかな)とちょっと違っているようで、ああでも本当はこうやって他人と関わっていくことで人は生きていくんだよねと思ったり。

            こないだ読んだ小豆だるまさんの「旦那様はブータン人」のときも思ったのですが、結局「他人と距離をおく」って相手を思いやっていることもあるけど、自分がわずらわされたくないってことなのかもなあ…、

            一人暮らしですっかりそういう感覚にそまりつつある自分にとっては、そんな部分でもいろいろと考えさせられちゃったりしました。


            それにしてもなとみんの描く「濃い顔」とか「気弱な男性陣」はあいかわらずふるってるネ!

            姑は外国人 (単行本) (←アマゾンリンクへ)



            ☆近況と言うかおしらせ〜

            3月にご好評を頂きました、聖ヴァニラ学園@銀座ブラックハートでの
            仮面作り教室を10月に開催いたします。
            今回は「マスカレードtheハロウィン」!またまたお菓子もつきますよ。 http://www.vanilla-gakuen.com/

            最近ブログさえアップができてないので
            直近のお仕事などはFBページなどもチェックしてみてくださいまし!
            ぜひぜひ。↓


            2013.07.21 Sunday

            杉並アニメーションミュージアム、穴場かも

            0
              我が家の近所に、あることは知っていました。
              「杉並アニメーションミュージアム」http://www.sam.or.jp/home.php

              でも、子供がいるわけじゃなし、なんとなく散歩途中も横目でみつつ素通りしちゃっていたのですが、先日ふと立ち寄ってみたのです。

              入り口前のレリーフ。
              1階はブライダルサロンのようなところになっていてちょっと面食らうかもしれませんが
              入ってすぐのエレベーターで上に上がります。


              入場は無料!
              3階分のフロアにわかれていて、入口階ではアニメーションの歴史だとか、


              アニメーション作家の仕事場を再現したコーナーとか、


              カウンタ―中央の柱には人気漫画家、アニメーターのサインなんかも


              デジタルワークも体験できるコーナー(新作アニメのポスターも)


              その他いろいろ、アニメについて学んだり体験できるコーナーがあり、
              階段をのぼるとシアターや視聴覚室、そして企画展などがあり。

              当日は「あの花×秩父市」の企画展でした。
              シアターでは連動して「あの花」第一話をやっていたみたい。


              さらに三階にあがると、これまた企画展で
              作家によるプチアニメーションの展示とか、
              子供を対象にしたワークショップの告知。
              木の人形のアニメーション制作とか、私がやってみたい。しかもお人形はおみやげにできるらしい。


              サンドアートの展示なんかも



              これもアニメーションに実際つかったパーツですね。かわいい


              作家さんが説明を加えてたりして、全部みようとおもったら相当時間がかかりそう。

               

              ミュージアムでは随時企画展や上映アニメを入れ替えており、
              施設もきれいで、これが入場無料ってめっちゃいいんじゃないの!?
              展示内容もしっかりしていて、小さい子供よりむしろ、アニメ制作に興味がでてきた
              中高学年とかのほうがハマれるかもしれない。
              つうか、大人がはまりそうかもしれない。

              なんとなく、先日行った京都国際マンガミュージアムとか、手塚治虫ミュージアムとかと
              似た香りがしますが、しつこいけどそれがタダですよ。
              場所としては荻窪駅からバスで10分くらい?かかるので、いまいちマイナーかと思いますが、夏休みどうしよう、なんてご家族には結構穴場ではないでしょうか。
              もちろん授乳室やエレベーター、あります。
              向かいは神社だしね。

              と、思わぬ応援をしてしまいましたが、こういう公共施設は
              つかわないといつなくなっちゃうかわからないからねー!
              あ、それと施設メンテのため夏季休業があるようです。
              【お知らせ】 施設の保全を目的とした改修工事を行うため、8月12日〜8月31日の期間は臨時休館になります。
              ご確認の上、ご興味のあるかたは是非一度行ってみてはいかがでしょうか〜




              白ふくろう舎のサイトもよろしくでござる

              2013.02.28 Thursday

              教養とか教育とか…

              0
                 高校の古典の授業で、「教養とは、あなたたちが大人になった時に
                どのテレビのチャンネルをつけても子供の質問にこたえながら楽しんでみられることです」
                みたいなことを言った先生がいまして。

                その時はあーなるほど、と思っただけなのですが、最近しみじみその言葉をかみしめますね。

                もっとシンプルに、「テレビのどのチャンネルをみても楽しめることです」でもいい。
                いまなら、テレビでなくてもいい。

                勉強、とか学問、っていうのは基本的に人生をより楽しく幸せに、
                たくさんの人がそれを感じられるように、これは知っておくといいよ、って
                ことなんだなあ。

                「立派な人になるため」でも、「力のある人、モノの役に立つ人になるため」でも
                なく、それぞれの人が自分の人生をよりよくその人らしく生きるためにあると思えば
                それはとても素晴らしいと思うのです。

                義務教育とか、識字率100%とか、そういう発想は、一部の恵まれた人しか
                人生を楽しんじゃいけない、という発想からは絶対に生まれないものなんだな。

                たとえば私が大人になって突然スロージョグでもやってみっか、となったとき
                とりあえず自己流でもはじめられて、ストレッチっぽいことしたほうがいいねとか
                思い出してやってみたりできるのは、体育や部活で基本的なことを
                ならっているからで。

                本を読んだりテレビをみたりコンサートにいったりしてもとりあえず楽しめるという
                「受取る力」もそうだし、
                そうやって受取った何かに感動して、手紙やメールをかくことや、
                自分もなにかやってみようとして手始めに雑誌を読んだり質問したり検索したり、
                そうした「発信する、始める力」は「基本的なことをどれだけできるか」で
                大きく違う。学校で習う全部を個人でひととおり経験しようと思ったってねえ。

                どんな人も、その人なりの楽しみをみつけ、世界を広げられるような世の中であってほしい
                参加したくなったとき参加できる敷居は低いほうがいい
                そう思う人たちが多かったから、今の社会のかたち
                (残念ながら、もちろん完全ではない)があるのだね。
                そして今そこに私たちは住んでいる。

                過去の人たちが働き、希望し、作り上げてきた社会に。

                だから今私が希望し、それむかって働きかけている社会は、この先の私や
                次の世代が受け取るもの。

                私はやっぱり、「一人でも多くの人が、人生のたくさんのチャンネルを、できるだけ自由に
                選択し、それぞれの生き方が互いに認め合える社会」であってほしい。

                自分の生き方が誰かにジャッジされたり、社会から不要なものとして排除されることなく
                できれば誰かに喜ばれ、居場所を与えられたり作ったりできるような
                そういうものであったらいいし、それがゆるされる社会がよいです。

                そういう世界をかたち作るひとつのパーツでいられたらいいなあ。



                2012.10.22 Monday

                久々にうち飲み・同業ランチ

                0


                   週末にイラスト描き仲間の
                  なとみみわさん・成瀬瞳さんがウチにきてくれまして
                  昼間からちょこっとビールやらごはんやら
                  そして尽きることなきいろんな話をいたしましたよ。


                  頼みもしないのにヘン顔をしてくれた二人…
                  それぞれのキャラでその雰囲気を表現してみました。
                  いや、二人がいいといっても私がこれをワールドワイドに
                  公開するのがはばかられますからね(まあ二人とも嫁入り後だけど)。
                  人のキャラ、似ないよね…難しい…


                  お互い活動媒体が女性誌メインでかぶりまくるので、
                  仕事の話なんぞはいきおい盛り上がります。
                  今後の営業どーする?なんてシビアなことから、そりゃもう本当にどうでもいい
                  小ネタまで。


                  東京駅で仕入れてくれたオシャレ食材もたくさん。
                  あきらかに三人で食べる量じゃないという…


                  炭水化物!


                  そして肉!イモ!! とこのへんのレシピはしろぐるめのほうで。


                  糖分!!!このチーズケーキおいしかったな〜。IWASE FARMのだって。

                  っていうかそういえばこの二人、ダイエット部活動とかしてなかったっけー、
                  どうなってんだよ。というツッコミはさておき、
                  久しぶりにゆるゆると楽しく話ができてうれしかったです。

                  夕方にはなとみんの取材があって早々にお開きになりましたが、
                  このところいっぱいいっぱいだった心がかなりあたたまり、
                  そしてそして何より、二人からビリビリっと刺激を受けましたよ!
                  私もがんばらなきゃー!
                  決して近い距離じゃないのにウチまできてくれてホントにありがとね!

                  ちなみになるなるはウチ来るときと帰宅後、にこんなことになっていた→2ドジ
                  この人に「白さんドジっ子だから気を付けてね!」って言われてんのか、私…。


                  そして翌日はゆるいところの全くない素敵宅飲みに呼んでいただいたのですが、
                  その話はまた後日!




                  2012.10.10 Wednesday

                  10月・11月 展示とワークショップのお知らせ

                  0
                    本日ものんびり更新、白ふくろう舎です。
                     いよいよ秋になりました。食欲もいいけどゲージツもね!というわけで
                    10月末より、2つのグループ展とワークショップを予定しています。
                    神保町(九段下)と西荻窪という、どちらも味わいのある街で行いますので
                    秋の日の散策がてら、是非お越しくださいませ。


                    1:CORSO Present's 選抜4人展

                       8月に開催されたデジタル出力によるファインアート展」。
                      期間中の投票で、お陰様で1位をいただきました。本当にありがとうございます!
                      今回は上位4名の選抜展です。

                      白ふくろう舎は「変身」をテーマにします!

                    ★期日
                    2012年10月30日(火)〜11月4日(日)
                    10:00〜18:00(最終日は搬出のため16:00頃終了予定)

                    ★場所
                     Creative / Art Gallery CORSO 
                     〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-1-6 日建ビル3F

                     詳細はFBのイベントページをご覧くださいませ。




                    2:「不思議な本」展

                    9つの不思議な本棚が、ニヒル牛2に出現します。
                    眺めて、触れて、手に取って、不思議な本の世界を彷徨って下さい。

                     201211月2日(金)〜11月14日(火) 12:00〜20:00(最終日18:00)


                    ■営業時間  12時〜20時 木曜日定休(と年末年始5日間)
                    ■場  所  東京都杉並区西荻北3-26-5
                    ■電話&FAX              03-6765-2286      
                    ■e-mai    nihirugyu2@jcom.home.ne.jp 

                    DMは佐藤りえさん作

                    3:仮面をつくりましょう〜掘焚礁未離錙璽ショップ)

                    不思議な本展の期間中、手作りの仮面づくりワークショップをおこないます。
                    毎回大好評のワークショップ、是非ご参加ください。


                    期日 2012年 11月10日土曜日 1回目:13:00〜15:30 2回目 16:30〜19:00
                    各回 4名様迄
                    参加費 3500円(お茶・お菓子つき、仮面お持帰り)

                     ご予約申し込み先 ニヒル牛2 電話   03-6765-2286      
                                      e-mai    nihirugyu2@jcom.home.ne.jp 

                    過去のワークショップの模様はこちら


                    …と!長ーくなりましたので、ここについての説明などは
                    また追って記事にしていきたいと思います。
                    どうぞどうぞよろしくお願いします!
                    2012.09.11 Tuesday

                    名橋たちの音を聴く〜「日本橋・船上の音遊び」で古楽器と歌を!

                    0
                       
                      先日、楽しげなイベントにお誘い頂き、
                      「こ…これは私がいかないとね!」と、友達と一緒に参加して参りました。

                      日本橋川でクルーズができるって知ってました?
                      私、結構あのあたりをウロウロしているくせにはじめて知りました!
                      定期コースもあるのですが、今回はなんと、
                      船の上で古楽器(セルパン)と歌曲を楽しもうという粋な試みです。


                      都市楽師プロジェクト「名橋たちの音を聴く」

                      私の参加した日の演目はこちら。


                      2012年9月8日 (土) 
                      10:00/11:30/14:30/16:00(各70分程度)
                      「都市の音と呼応する古きヨー ロッパの音色」
                      出演:橋本晋哉(セルパン奏者)×辻康介(声楽・語り)×鳥越けい子(サウンドスケープ解説)

                      声楽家のさん、実はなにかとご縁のある方で、
                      過去にも何度かコンサートなどにうかがっているのですが
                      いつも楽しげで実験的なことにも積極的に挑戦していらっしゃいます。

                      今回はいったいどんなことになるんだろう。楽しみです。

                      当日は、友人おすすめの銀座ランチ(食べ放題!)「けなりぃ」で
                      まず腹ごしらえ(そちらの様子は本日の「しろぐるめ」でどうぞ)。
                      もう満腹〜、このまま船にのってはまずい、ということで
                      銀座から日本橋までてれてれ歩くことに。ちっと暑かったのでしんどかったですが
                      距離はたいしたことないですね。


                      途中、三越などで涼みつつ、いよいよクルーズに。
                      16時の回が満席だったので、14時半の回に申込んでおり、日差しが気になりますが
                      いざ、乗船してみると、さすが川の風、思ったよりも涼しいです。

                      このコンサートは何しろ屋根もない船上で、生の声と楽器を楽しもうというのですから
                      まわりの音やら何やらも聞こえ放題で、普段のコンサートホールなどとは
                      全く勝手が違います。
                      だからこそ、の楽しみかたをしてほしい…ということで
                      それぞれの橋の下でいろんな曲を演奏。反響を楽しんだり、景色をながめたり。


                      さすがにいい声だな〜。うっとり。
                      自分ののどひとつで人を楽しませることができるってすごい才能&財産だよな!と
                      しみじみ。

                      それぞれの橋や、歴史についての解説、当時の街並みの話なども合間にはさまれて、
                      そちらをきくだけでも非常に面白いです。(しかも解説なのにいい声だ)
                      だいいち、高速道路の下なんか普段船で通らないよね…。


                      途中、川岸から「お江戸日本橋」を演奏する音がながれてきたり。
                      さすがにみなさんこの時はちょっと困ったナー、って感じでしたが、
                      そんなこともまた、こういう街中でのイベントらしい…。


                      演目は、中世歌曲やグレゴリオ聖歌、セルパンのために作られた曲や、
                      辻さんのオリジナルなどさまざま。
                      実はセルパン、日本では2名くらいしか演奏者がいないらしく、
                      今回でわたくし、その2名の生演奏をきいたことになります。
                      あらま、まるで「古楽ツウ」みたいじゃないのさ!

                      クルーズは70分ほどで、結構もりだくさんだったのですが
                      あっという間に終わったナーという感じでした。楽しかった。
                      もう少し日差しが弱い回だともっとゆったり楽しめたかな。
                      この手のイベントは日傘か帽子は必携ですな。


                      というわけで、
                      このイベント、9月28日にもまた内容を変えて予定されています。
                      「なにこれ、おもしろそうー」と思った方は是非チェックしてみてね。

                      都市楽師プロジェクト「名橋たちの音を聴く」

                      そしてなんと、当日の様子が
                      朝日新聞のサイトでもみられますよ!動画もあり!歌も演奏もちょっときける!



                      その後、日本橋をそぞろ歩き、にんべんのアンテナショップでだし汁を味見したり
                      アクアリウムが入場制限で入れなかったり
                      代官山まで足をのばしておすすめパン屋や蔦谷にいったりと
                      盛りだくさんな休日を楽しみました。
                      いや満足満足!焼けたけどね!


                      おまけ:なんとこの翌日、辻さんが展示にきてくれたましたよ!
                      うへーありがとうございました!
                      声楽家とデザイナー、大いに語る。
                      なんかラジオのトーク番組みたいだったよ…。



                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      46296 on twitter
                      しろぐるめ
                      facebookpage
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      • 新北海道みやげ?道南食品のキャラメル10種、とyukkyさんのこと。
                        yukky (03/02)
                      • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
                        白ふくろう舎 (05/25)
                      • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
                        白ふくろう舎 (05/25)
                      • 少女工房?(樋上公美子 高田美苗 二人展) など・・・
                        丸大豆 (05/21)
                      • パーソナルコーデのアッコさんが本を出したよ(「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」)
                        ぴーこ (04/18)
                      • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
                        白ふくろう舎 (10/19)
                      • Rocco style. 山本あきこさんのパーソナルスタイリングお願いしました記(2)
                        ヨーコ (10/16)
                      • 小林伸幸 写真展 『 Nature Feel 』 ギャラリーキッチン に行ってきました
                        のぶ (02/11)
                      • ただいま戻りましたー。元気です。
                        白ふくろう (07/07)
                      • ただいま戻りましたー。元気です。
                        あるふぁ (07/06)
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM